2006年12月31日

2006ねん年末メモ

すみ
posted by saya at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月30日

チャットモンチー

気になって聴いてたら変拍子にびっくり。サビのところが5拍子らしいー。
聴いてるうちに慣れちゃう。ふしぎ。

シャングリラ 幸せだって叫んでくれよ
時には僕の胸で泣いてくれよ

シャングリラ 夢の中でさえ上手く笑えない
君のこと ダメな人って、叱りながら、愛していたい

シャングリラ / チャットモンチー
続きの歌詞
PV

B000IJ7IPI.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V36761844_.jpg


最後にリピート、リピート。
posted by saya at 02:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2

バカラ!

きれーい。
でも今日思い出したよ、冬が寒いってことを。

KIF_3407.JPG


はなしの途中で目が潤んでしまったことに、きっとあなたは気づいていましたね。
わたしも気づいていましたから、あなたの目に。
posted by saya at 02:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月29日

九絵

(「僕の歩く道」風に)

今日は、クエ鍋を食べました。

22時過ぎに表参道に行ったらアカリウムが消えていました。

2007年にやりたいことを挙げましたがまだまだ足りないと思いました。

久しぶりに隠れ家に行ったら紹介者を聞かれました。Nさんの名前を伝えたら通じました。すごいですねNさん。

※※※

クエー。すごいな美味しいな。クエは九絵と書くのですね。九州ではアラとも呼ばれるそうです。雑炊も格別です。卵ふわふわ。
アカリウムのHP(http://akarium.jp/)が面白いです、灯りが動かせて。音楽も癒されます。
posted by saya at 03:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あの娘が眠ってる

フィッシュマンズは冬が似合うなー。いや夏も似合うんだけど。

前奏の、向こうから光が射してくる感じと、
ベースの旋律に、
聴くたびにいつも泣きそうになる。
なんか目が覚めた感じがする。
泣きそうになる。

知らない間に夜になっていたよ
瞬きしてる間に きみはもう 夢のなか

空が泣きだして 雨の音が近くまで
テレビをつけても 窓の外は大さわぎで

あの娘が眠ってる / FISHMANS
posted by saya at 03:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2

2006年12月28日

ひとりごと

なんていうんだろうか、しばらくの間、気分的に冬眠中だったので、
ブログを書いてなかった。
自分の中から言葉が次から次へと溢れてくるときとまったくそうでないときがある。

そんで、そもそもなんで自分はブログを書き始めたのかを考えたりしていた。

人それぞれにブログの使い道ってあると思うんだけど、
うーん、私の場合はなんだっけ?

確か、目に映る景色を写真で切り取って残すことによって、そのときの気持ちを思い出すようなツールにしたかった。
もしくはそのとき心を捕らえた曲を残して、その時の気持ちを。

出来事をただただ書き残すみたいなのはやだった。
でも長いこと書いているとだんだん軸がずれてきて、書き方が変わることもある。
書き方が変わること自体は、それすらも私の変化なんだから別にいいんだけど、一回止まってしまうと、次はどのスタンスでスタートしようか躊躇する。その躊躇期間が冬眠なんだけど。
まー、冬眠もたまにはいんじゃん。

そういえば、最近私はめずらしくカメラを持ち歩いていないし、さらに珍しいことに音楽を聴いていない。(←今気付いてちょっとショック。好きなアーティストを探すのが趣味だったのに)

でも、ひとつ言えることは、「最近冬眠中で〜」と書くということは、もうすぐ冬眠期間は終わるであろう、ということ。

意識しだしだときから、そのフェーズの終わりは近づき、新しいピリオドに目線を合わせていく。

の、だったらいいのだけれど。
posted by saya at 01:39 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月04日

大人の京都旅行 @京都の思い出

京都に行ってきた。
秋の京都は初めて。いつかは行ってみたかった季節。
紅葉もお寺も公園も町並みも綺麗だった。いろんなことをした。
美味しいものもたくさん食べた。

でも何よりも「京都で過ごした時間」そのものがとても印象深い。

やはり旅は人なのです。
この3日間を思い出すだけでこんなに幸せな気持ちになるのは、
一緒に過ごした、人、が素晴らしかったからだと思う。
本当にどうもありがとう。

思い出すだけでまた涙が出るくらい。
この週末、その前、と気づいたら週末は泣いている。
だけど、プラスの涙を流した後は心も体もとても軽くて、とても元気。

うーん、なーんか、言葉よりも気持ちが溢れてきてしまう。
うまく言葉が出てこない。

京都、今回の旅行のおかげで、なんだか思い入れの深い場所になりそうだ。
posted by saya at 23:33 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。