2007年02月08日

話してみないとわからない

そうやって気づいていく。
形になっていく。

まずは口にしてみること。
コミュニケーション○○○○。
posted by saya at 00:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月07日

すきになる気持ち

だいじ。
気持ちがあふれるようになりたい。
posted by saya at 01:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月06日

紅ほっぺ



「紅ほっぺ」
とっても甘い。
香りも甘い。香り高いってこういうこと?

posted by saya at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月26日

月の砂から水をつくる

月の砂から水をつくることが出来るらしい。
なんでも、月の砂には水成分が含まれているので、

『太陽熱を利用して水素を1000度程度に加熱することにより、
 月土壌中の酸化鉄を還元して水を得ることができます。
 さらに、生成された水を電気分解して酸素を生成できます。』


だって。
応用すれば、月面に人工のオアシスができるかもと言われている。

1リットルの水をつくるのには、20キロの砂が必要とのこと。
(水成分たっぷりですな)

「月土壌からの水製造」に関する研究成果より。
posted by saya at 11:52 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月24日

ぜろ いち に さん

昨日は1月23日。0123。
さあ、先へ先へと進みますよ。

(ほんとは昨日のうちに書きたかったんだけども)
posted by saya at 14:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月18日

石焼ビビンバのたとえ

石焼ビビンバを食べたら、口の上側の皮が剥けてしまった。
何か食べたり飲んだりとするとシミル。
そうそう、がんばって熱いうちに食べようとすると、こうなっちゃうのだ・・・。
猫舌だから。
(あれ?それじゃー猫舌じゃない人は、舌だけじゃなく、口の中全体が強いの?)

何ごとも、ペースと状況を考えないとね。
あの人の食べるスピードと、私のスピードは違うのだから。
posted by saya at 16:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月05日

そんなかんじで大吉

初詣のおみくじを引くとき、なんとなくいいのを引きそうだなと思ったら、大吉でした。わーい。

誰かとその人のお家で飲みながらじっくり話すというのが偶然続き、
それがたまたまどれも大当たりで、
とてもよい年始を過ごせました。とても嬉しい。

ひとつは、年末06年を振り返ったときに振り返りきれてなかったことを思い出し、再び考え、それについて話せたこと。(※1)

あー、今日会うことになった理由のひとつはこれだと思いました。

ひとつは、話しているうちに、今まで色んな人と話してきたことが、ひとつの方向にまとまってきたこと。
そのときは直接関係ないはずの言葉まで、いつか力になったりする。
みなさまありがとう。

ひとつは、自分を客観視できるようなきっかけと経緯を思い返せたこと。
ちいさなことなんだけど、この考え方は他のあらゆることに応用が効くように思うから、時々思い返すようにしたい。(※2)

「これは忘れないようにしよう」、うーん、「忘れない」というのは私にはムリなのです。そんなにキャパが大きくないので。
なので、「時々は思い返せるようになろう」という考え方に、
しばらく前から変わりました。

大事なことは時々思い返せる自分でいたい。
そして大抵そのきっかけは人との対話の中にあったりする。
人と話すのはおもしろい。すき。

そして思い返せたことは、らせん状に前よりも少し何か増えて、私のもとに、来てくれる気がします。
まったく同じではなく、何か増えて。



※1 なんで忘れてたんですかね。06/09/18に言われた言葉メモの存在は度々思い出すようにしたい。
※2 きみとわたしが真逆な経緯なのがこれまたおもしろいね、そして今は近いところにいます。

posted by saya at 14:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月02日

横浜カウントダウン'07

みなとみらいで、07年を迎えるカウントダウン。
観覧車のふもとからあがる花火を、すぐそばで見てた。
年明けと共に上がった花火が予想以上にドキドキして大興奮。

BGMの、オーケストラのクラシックのリズムに合わせてあがる花火、
かっこよかった。
観覧車の時計の表示が「0:00」のうちに写真を撮ろうと思ってたけど、
気づいたら「0:01」になっていた。

3分間。3分間てけっこう豪華。



おさんぽ。赤レンガ倉庫の前のキャンドル。「A HAPPY '07 NEW YEAR」。





マチュピチュ貯金はじめますよー。一緒に行くために。
posted by saya at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月01日

夜がよわいコ

私のデジカメはけっこう古い型なので、最近のと比べると格段に夜が弱い。
どう頑張ってもブレる。
ブレることが味なこともあるし、そういうの好きなんだけど、
最近そんな次元じゃなくブレる。

でも、昼はけっこういいコなんだよなあ。形もすきだし。
でもそろそろ買い替え時なのかな。

物持ちいいから色んなものが壊れなくて、ある意味困る。
壊れたんだったら、しかたないと割り切って買い換えられるのに。
posted by saya at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月31日

2006ねん年末メモ

すみ
posted by saya at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月30日

バカラ!

きれーい。
でも今日思い出したよ、冬が寒いってことを。

KIF_3407.JPG


はなしの途中で目が潤んでしまったことに、きっとあなたは気づいていましたね。
わたしも気づいていましたから、あなたの目に。
posted by saya at 02:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月29日

九絵

(「僕の歩く道」風に)

今日は、クエ鍋を食べました。

22時過ぎに表参道に行ったらアカリウムが消えていました。

2007年にやりたいことを挙げましたがまだまだ足りないと思いました。

久しぶりに隠れ家に行ったら紹介者を聞かれました。Nさんの名前を伝えたら通じました。すごいですねNさん。

※※※

クエー。すごいな美味しいな。クエは九絵と書くのですね。九州ではアラとも呼ばれるそうです。雑炊も格別です。卵ふわふわ。
アカリウムのHP(http://akarium.jp/)が面白いです、灯りが動かせて。音楽も癒されます。
posted by saya at 03:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月28日

ひとりごと

なんていうんだろうか、しばらくの間、気分的に冬眠中だったので、
ブログを書いてなかった。
自分の中から言葉が次から次へと溢れてくるときとまったくそうでないときがある。

そんで、そもそもなんで自分はブログを書き始めたのかを考えたりしていた。

人それぞれにブログの使い道ってあると思うんだけど、
うーん、私の場合はなんだっけ?

確か、目に映る景色を写真で切り取って残すことによって、そのときの気持ちを思い出すようなツールにしたかった。
もしくはそのとき心を捕らえた曲を残して、その時の気持ちを。

出来事をただただ書き残すみたいなのはやだった。
でも長いこと書いているとだんだん軸がずれてきて、書き方が変わることもある。
書き方が変わること自体は、それすらも私の変化なんだから別にいいんだけど、一回止まってしまうと、次はどのスタンスでスタートしようか躊躇する。その躊躇期間が冬眠なんだけど。
まー、冬眠もたまにはいんじゃん。

そういえば、最近私はめずらしくカメラを持ち歩いていないし、さらに珍しいことに音楽を聴いていない。(←今気付いてちょっとショック。好きなアーティストを探すのが趣味だったのに)

でも、ひとつ言えることは、「最近冬眠中で〜」と書くということは、もうすぐ冬眠期間は終わるであろう、ということ。

意識しだしだときから、そのフェーズの終わりは近づき、新しいピリオドに目線を合わせていく。

の、だったらいいのだけれど。
posted by saya at 01:39 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月04日

大人の京都旅行 @京都の思い出

京都に行ってきた。
秋の京都は初めて。いつかは行ってみたかった季節。
紅葉もお寺も公園も町並みも綺麗だった。いろんなことをした。
美味しいものもたくさん食べた。

でも何よりも「京都で過ごした時間」そのものがとても印象深い。

やはり旅は人なのです。
この3日間を思い出すだけでこんなに幸せな気持ちになるのは、
一緒に過ごした、人、が素晴らしかったからだと思う。
本当にどうもありがとう。

思い出すだけでまた涙が出るくらい。
この週末、その前、と気づいたら週末は泣いている。
だけど、プラスの涙を流した後は心も体もとても軽くて、とても元気。

うーん、なーんか、言葉よりも気持ちが溢れてきてしまう。
うまく言葉が出てこない。

京都、今回の旅行のおかげで、なんだか思い入れの深い場所になりそうだ。
posted by saya at 23:33 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(1) | 日記

2006年11月30日

秋の富山 @神通峡

喜びも悲しみも出会いも涙もたくさん詰まってた。
懐かしさも新しさも。

びっくりして風邪が治った。








in リバーリトリート雅楽倶
(メモ⇒ 建築家 内藤廣氏設計によるもの。あー馬車道駅を見てみたいな。)

紅葉して赤くなってる山越しに、既に雪の積もった白い立山連峰が見える。
そして、夕陽は雪山をほんのりオレンジに染める。
呉西はこんな感じなんやなー。



それにしても。
富山に2日間おっても、富山の言葉が出てこんくなってしまったというのはちょっと寂しい。私はもう富山人じゃないんかもしれん。
こっちに帰ってきてから時差みたいに、ちょっとだけ魚津弁が出るものの。
もう、話せんがかもしれん。

posted by saya at 22:21 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月20日

白リムジンと東京タワー


白リムジンの写真は今度。
posted by saya at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月08日

ある1日

にこにこ。
空気の粒の中に、それはいっぱい詰まっていて、
その人から放射線状に動いて、広がって、伝わってゆく。

そんな1日。


朝の満月。さっきも見えてた。今日のは雲のないバージョン。


ぽかぽかお昼ごはん。


ふっと見ると止まっている雲。じっと見ると色んな速度で流れていく雲。
5分もするとまったく違う空。
澄み切った空より、雲が浮かんでいる晴れのほうがすき。


待ち合わせ場所まで、夜のお散歩。ゆっくり歩く。



お芋のようにほくほくの、ぎんなん。


蛍のようなサイクルで瞬くイルミネーション。

そんな1日。

まったく同じ縁を描く人はふたりといないんだなあって、
あらためて思った。
たとえ隣同士でも。

縁とか丸とか。柔らかな雰囲気とかオーラとか。

そんな1日。
posted by saya at 06:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月07日

最近、空を見てないような気がする

最近、空を見てないような気がする。

もちろん、上を見あげれば、いつもそこに空はあるんだけど。
なぜかそういう気持ち。

もっと、ゆっくり、
時間を流そうかな。

前もこういうことあったな。
その時はどうなったんだっけな。


もしくは、
そんなときは、ふっと
足元を眺めるのもいいのかも。

また新しい風景が。

posted by saya at 07:23 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月05日

「田舎日記」の収穫祭

九十九里にて、
古代米の黒米「紫黒苑」の稲刈り体験をしてきました。
主催の「田舎日記」HP

新しい方々との出会いもあり、出会いが出会いを呼ぶ楽しさに、にやにや。

朝の九十九里。



うみー。


お昼ごはんは、紫黒米のカレーライス!

白米3合あたりに、大さじ1杯ぶんの黒米を入れて炊くと、
全体がふっくらもちもちになるのです。
色は赤飯のような感じで、全体が色づきます。

みんなも。

芋掘りしたあとは、稲刈りの時間。みんなで田んぼの中へ。

前日に雨が降り、田んぼがぬかるんでいたので、皆裸足になって田んぼへ。
私は長靴で田んぼに入ったのですが、泥の抵抗力がモロに足にかかって、
何度も抜けなくなり、転ばないように四苦八苦。
スタッフの方いわく、裸足のほうが安全とのこと・・・。がーん。


すっかり刈り上がり。

みんなで掘ったさつま芋を焼き芋に。

焼き芋は火加減が非常に難しいとのことで、芋は半分ナマ状態。
(大きい芋は、かんぺき、ナマ状態)
でも、食べちゃった。

お昼寝して、BBQして、野菜もお肉も美味しくて、
キャンドルを灯しながらライブを聞く。
ライブよかったなあー。なんか沁みた。炉端。

あと、念願の「ゆで落花生」を食べました! おいしーい。
千葉在住の人に聞いて、ちょうど食べてみたかったの。
スイートポテトとかぼちゃプリンも美味しかった。

九十九里の星空メモ
posted by saya at 02:24 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月03日

山頂で鍋をする

ちょっと前のはなし。

「山頂で鍋をする」のが目的のやま登り。山頂鍋。

行き先は箱根の金時山。
片道1時間ほどの登山&森林浴。
深呼吸を繰り返して、いつもより濃い空気を吸いながら、歩く。


出発時、ちょっと曇り空。でも最後までもちました。
(温泉に入ってたら雨が降ってきた、セーフ。でも湯当たりした。)


なんか有名らしい岩。


なんか有名らしい岩、その2。

この季節、山はもう寒いかなと思ったけど、
歩いていると熱くなってきて半袖に。


ちょっと紅葉しかけ。



山頂に到着して、動かなくなると寒さを少し感じるものの、
フリースを着れば十分で、ビールも美味しく乾杯。
そしてこのくらいの寒さは、絶好の鍋日和、と気づいた。


こちらでは味噌ベース。もうひとつは醤油ベース。
あっという間にカラに。
鍋のいい匂いがあたり一面に広がって、他の登山客からの視線を感じた。
そりゃそうか。

山の上で食べるモツ鍋は、なんともなんとも美味しくて。
アウトドアのお鍋、いいな。

ごちそうさまでした!
posted by saya at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。