2005年12月03日

天使の梯子(はしご)

「天使の梯子」とは、よく言ったもんだなあ。
雲間から射す光が、天に昇る階段みたいだもんね。ヨーロッパから来た言い回しらしいです。

崖の上にある温泉にて。目の前に広がるのは、180度海!というロケーション。
温泉に入ったとたん視線くぎ付けになったのは、全面ガラス張りの向こうに見えた景色。
露天風呂に入りながら、ひたすらずっと空を見ておりました。
波の音を聞きながら。
陽は、時おり強弱つけながら、ずっとそこに居てくれたのでした。

天使の梯子・夕陽バージョン

温泉の帰りに撮った写真。
わたしの視界では、もっと天使の梯子は大きくて、胸に迫ってくるような感じだったのだけれど、その景色はうまく残せなかった。

天使の梯子・夕陽バージョン♪♪
posted by saya at 11:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島

2005年11月14日

名が無いほうが

そこでは。
聞こえるのは、水が奏でる音だけ。

ぽたぽた。ぽぽぽ。ぽたぽた。

苔のリレー

何重にも何重にも、重なって。
ずっと。ずっと。繰り返し。

有名な方の森に人は集まっていく。
こっちの森に入った私たちの周りには誰もいない。朝早く来たのもよかったんだね、きっと。

森の奥へのガイド。密かな「お気に入りの場所」を目指して。
その場所は、綺麗で静かで静かで。
聞こえるのは、水が奏でる音だけ。

そこにたどりついたとき、「風の谷のナウシカ」の腐海の底に似てるっておもった。
マスクをしないと肺が腐ってしまう森・腐海。その底は、空気も土も浄化された静かな場所だったってやつ。
空間が似てるって思って。
音もかな。秘密の場所を見つけた、って感じ。

静寂

こんなに綺麗なのも。
こんなに静かなのも。
ここが名も無い場所だから。

ゆっくりと

帰り道、川のそばでお昼寝した。流れの音を聞きながら。
今度は大音量。水のオーケストラ。

大音量

posted by saya at 23:43 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島

山の色あそび

屋久島にも紅葉があります。
ここのは、山の紅葉と聞いて想像するような山全体が黄色やオレンジに染まるあの感じとはまた違った紅葉。

秋になっても、森全体の苔むした緑は変わらないので、
そこにオレンジの葉が落ちる。
オレンジon緑。綺麗なコントラスト。

オレンジの葉が苔の上に

木々も。
たくさんの気候が詰まっている屋久島には、紅葉する落葉樹と紅葉しない常緑広葉樹・針葉樹が混在している。
また、豊かな雨のおかげで大木の上に他の新しい木が根をおろして生長するので、緑の木に花が咲いたように一部だけ紅葉の赤があったり。

緑の木に一部だけ紅葉。独特の風景。

これは着生と言って、木の上にそこを苗床にして他の木が生えるということ。寄生ということではないの。根をおろしてるだけ。一緒に生きてるの。

真緑、真緑、オレンジ。真緑、緑、赤。黄色。

きいろ

紅葉している木々を見つけたら、そこは川が近いということ。川の側から気温が下がる。

おれんじ

もしくは、前に台風などで土砂崩れがあったということ。土砂が崩れがあった後の新しい大地には苔と共にまず育ちやすい落葉樹が育つ。
そのあと常緑広葉樹が育ち、豊かな森に。そしてまた台風。こうして森は繰り返され、受け継がれていくのだそう。次の世代。次の次の世代へと。

足元にオレンジ
posted by saya at 01:28 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 屋久島

2005年11月10日

森の影あそび

屋久島の森は、霧が立ち込めているか雨が降っていることが多く、葉や苔が水を自身に含んだり、山下の苔たちにリレーしたりして、森じゅうが水の中みたいでとても綺麗。
霞む森

霞んだ感じが森のスタンダードなので、よくある写真集はそのイメージが多い。
そんな森にもたまに太陽の光が入る。そうするとまた違った姿を見せてくれる。
陽
↑11月7日の写真と比べると光の違いが。写真だとわかりにくいんだけれど。

たくさんの緑の苔と、他の木々にからまるように伸びている木・ヤマグルマが多くいることが、原生林のような独特の雰囲気を生み出しているのだけれど、
陽が差し込むと、ヤマグルマが方々に伸ばしている根や幹や枝が面白い影を創り出す。不規則な。
影あそび

踊っているような影たち。リズミカルな影たち。
陽の光は、瞬間ごとに角度を変え、強さを変えて降り注ぐので、
その度に、緑は色を変え、色を増やし、森の奥行きを見せたり隠したり。
in白谷雲水峡。
苔の森 ひつじ雲ちゃん
ひかり

そうそう。今日の日記含め、屋久島の写真はクリックすると拡大するものが多いです。お試しあれ♪
posted by saya at 01:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 屋久島

2005年11月09日

四季が混ざる島

屋久島ではまず近所をお散歩。そこで見える風景とは。

ご近所お散歩ちゅう

バナナの木の隣にススキがいたり。ハイビスカスの根元にタンポポが咲いてたり。
ガジュマルがいたり。そして、紅葉して落ち葉のじゅうたん!
亜熱帯気候と日本の四季のどちらもが同居している屋久島ならではの不思議な秋の風景。
ハイビスカス ススキ
たんぽぽも咲いてたのにはびっくり 落ち葉のじゅうたん
近所のガジュマル

コオロギがいると思えば、羽根の大きなチョウチョが優雅に飛んでいるし、温泉に入っていたらミンミンゼミがいた。
山の上を見れば薄く繊細な秋の雲だし、海の空にはもくもく入道雲。夏の空。
これは朝焼け 山の天気は変わりやすい

トトロの傘のモデルとなった、クワズイモ。これは亜熱帯植物。
そして、杉。これは杉は寒い地方に生える木。このふたつが隣同志で生息してる。
クワズイモと杉

不思議な風景。
posted by saya at 00:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島

2005年11月07日

屋久島→屋久島

また屋久島に行ってきた。
旅行に行ってきた、というのではなく、
暮らす場所を4日間屋久島に移したのだという感覚。

ハプニングも、出会いも、気づきも、たくさんあった。
書きたいことがたくさんあるにょ。

とりあえず今日はおやすみなさい。

白谷雲水峡
posted by saya at 01:21 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島

2005年09月09日

★お知らせ★屋久島旅行の写真をUP

しました。

屋久島で撮った写真を別ブログにまとめました。

http://sayatabi.seesaa.net/

まだ文章をあまり入れていないのですがー。
なんだか、文章入れると写真の雰囲気がこわれそうで考えちゅう・・・。

写真にマウスを合わせると説明文が表示されるようにしてあります。
↓こんな風に。

ここは白谷雲水峡

続き 9/11 追記
posted by saya at 03:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島

2005年08月11日

屋久島ひとりミュージカルバトン

ついに屋久島から帰って来ちゃったのでした。
やばいなあ。
仕事をしてない時期だったら確実にしばらく住んでるなあ。

屋久島に行って、変わったこと。
前よりもっと、色々なものが見えるようになった。
前よりもっと、色々な音が聞こえるようになった。
前よりもっと、味を感じるようになった。

今回。
第一に人との出会い。島の人と。旅行してた人々とも。
プラス屋久島のすばらしさ。
旅は人だ。

とりあえず、屋久島で聞いてた音楽たちをメモ。
これを聞くとわたしは屋久島を想い出す。
屋久島ひとりミュージカルバトン。


続きはコチラ
posted by saya at 05:55 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 屋久島

2005年08月08日

屋久島

image/myvision-2005-08-08T10:14:25-1.jpg
五感フル活動。
文字通り全身で体感中。

雨のなかを濡れて歩くことが、
こんなに気持ちいいなんて。
posted by saya at 10:14 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。